いろいろな印鑑

印鑑イメージ

印鑑の種類は、実印と認め印が主です。

実印は、個人を証明するために使う印鑑で、その印鑑の印影を役所に登録しなければなりません。
つまり、公的な書類を作成するときには、実印でなければなりません。

役所に登録されているものとピッタリ合う実印を押すことで、その人個人の同意を証明することになるのです。

認め印は、自分の好きな場面で自由に使うことができる印鑑のことです。
特別に重要なものではなく、会社や受領印などとして使うのが主です。

しかし、認め印だから、公的には影響力がないと思ってホイホイ使っている人は要注意です。
認め印は、民法上は実印と同じ効力をもちます。

それならば、実印と認め印を分ける必要はないような気もしますが、実印として登録できる印鑑は一つだけなので、みだりに使ってなくしてしまうと大きな不都合が生じます。

それを防ぐために、重要性のない文書などで手軽に用いることのできる印鑑として認め印があるのだと思います。

また、その他にも、会社設立時に登録する法人印、会社の代表者の肩書きなどを彫って、会社や団体の代表者の役割を果たす代表社印、会社印よりも大きめで、用途はさほど会社印と変わらないのだがより簡便性が高く認め印のように使われる角印などなど、思った以上に、印鑑には用途によってたくさんの種類があるようです。

しかし、一個人が使うものとしては、やはり公的な書類=実印、その他=認め印、とだけ分類しておけば特に支障はないでしょう。

ページの先頭へ