パソコンの中で捺せる印鑑

オフィス印鑑イメージ

いまどき、パソコンを使わないオフィスなんてあるでしょうか?おそらくないでしょう。
書類や大切な文書なども、今では手書きで作っているところなどほとんどないのではないでしょうか。

企業によっては、電子決裁化を検討しているところもあるのだそうです。
しかし、日本では、捺印があってはじめて正式文書として認められるという慣習があります。
ですから、捺印するために、わざわざパソコン内の書類を印刷して捺印するという面倒くさい手順をとらなければならないときもあるようです。

今はあらゆることがネット上で行われる時代なのに、印鑑や認印を必要とする日本の社会は後進的ですよね。
しかし、だからといってここまで日本に強く根付いている印鑑文化を廃止してしまうのも考えものです。
そこで、ネット上で捺印を要求されたときに、「電子印鑑」の登場です。

電子印鑑とは、みなさんが普段使っている印鑑と全く同じ印影をパソコンの中でそのまま押すことができるというものです。
もちろん、一人一人違う印影ですし、メールで送付することも出来ますし、捺印したときに保護されるシステムがついているので、悪用される心配もありません。

印鑑は手で捺印することに意義があるんだ、と言い張る人もいるかもしれませんが、実際に使ってみれば、その便利さがわかることでしょう。
時代の変遷に合わせて、あらゆるものは進化し、より簡便なものになってきました。
印鑑も、そろそろ変革の時期を迎えているのかもしれません。

ページの先頭へ